有名人・芸能人

小倉優子はもはや離婚確定?ニセ報道で益々埋まらない歯科医師との溝

小倉優子 アイキャッチ

小倉優子さんの報道が未だ二転三転してはっきりしませんね。

今までの報道では、

  • ご主人である歯科医の島さんが突然家を出た
  • 島さんは、お腹の我が子にも会いたくないと言っている
  • 小倉さんは夫婦再構築を望んでいる

という感じで、圧倒的に小倉さんが被害者的な報道がなされていました。

しかし、ここに来て一転。

ご主人の島さんが、

「報道は事実と反する」

と反論をされたことから、今回の騒動の背景を見直す動きが出ています。

小倉優子の離婚確定か

小倉優子 離婚

時系列で事のなりゆきを見てみましょう。

2018年12月 小倉優子さん再婚

前夫と別れて、二回目の結婚を決められたのは、お子さんたちの教育の事もあったと言われています。

2019年4月にお子さんが入学されたのは、早稲田実業の初等部。

受験を考えるにあたり、お父さんの存在も必要であったという事ですね。

2018年12月のご結婚ならば、受験にも間に合います。

この時点でなかなかのしたたかさが見受けられますね。

2019年12月

ご主人の島さんが家を出ます。

一部の報道では、小倉さんに芸能界引退を迫った島さんが、それを断られて機嫌を損ねたとも言われていました。

2020年2月 第三子妊娠報道

小倉優子さんが、島さんとの間に子供が出来たと公表しました。

この時も、島さんは公表して欲しくないのに、小倉さんが一方的に公表したという報道も。

2020年3月 離婚危機報道

島さんが家を出ている事や、妊娠中の子どもに会いたくないと言っていることなどが報じられました。

小倉優子さんサイドは一貫して「私が至らなかった。帰って来て欲しい。」という態度。

それによって、ご主人がただただ悪者扱いされるに至っています。

小倉優子の事務所は離婚を避けたい

手を握る 珈琲

この報道には、事務所の思惑が深く関わっているようです。

ママタレ四天王

人気のアイドルやタレントたちが、年齢的に続々と結婚を始めたここ10年ほど。

ママタレ界の競争が激化していることも、度々話題になってきました。

現在、ママタレ四天王として君臨するのは

木下優樹菜

辻希美

藤本美貴

小倉優子

の4名。

ブログ発信も人気だったり、使っているものや着ているものが軒並み人気になったりします。

事務所としても、大事な『稼ぎ頭』。

「イメージを落としてもらっては困る」という大きすぎる名分があります。

木下優樹菜の例

2019年に「タピオカ騒動」でイメージを落としてしまった木下優樹菜さん。

実は小倉優子さんと同じ、プラチナムプロダクション所属のタレントさんです。

プラチナムプロダクションは、お洒落タレントも数多く所属します。

ママタレで言うと、

  • 若槻千夏さん
  • 東原亜希さん

などがママタレとしても在籍しておられますが、残念ながら小倉さん・木下さんに比べると影響力が弱め…。

木下優樹菜さんの騒動からのイメージダウンを教訓に、なんとか小倉さんだけはイメージを守り切ろうとしたのです。

小倉優子の旦那歯科医師が反論

マイク

報道があって数日。

小倉優子さんのご主人が反論を始めました。

「私から引退を迫ったことはない」

「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と明かした。

引用:FRYDAYデジタル

引退を迫るくらいだったら、恐らく結婚の時点で引退を迫りますよね。

結婚後、1年で気が変わって引退を希望するのはちょっと考えにくいですよね。

「一方的に家を出たわけではない」

「私から一方的に家を出た事実もありません」

引用:FRYDAYデジタル

一方的に家出をしたわけではないとすると、小倉さん側に何か非があったことが考えられます。

小倉さんは「私が至らなかった」と、かなり大雑把に反省の言葉を述べておられます。

具体的にどういうところが至らなかったのか?その辺りも気になるところです。

一説によると、「小言が多く気が強い」とも言われている小倉優子さん。

その辺にも原因があるのでしょうか?

「子どもたちのことを大切に思っている」

「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まない形になっている」

引用:FRYDAYデジタル

当然と言えば当然です。

結婚をする時点で相手に連れ子がいるとなれば、それなりの覚悟は必要。

更に、我が子を妊娠した妻を大切にしないはずもありません。

仕事熱心で真面目だと評判の島さんが、子どもたちをただないがしろにするには、よっぽど理由があるのか?

それとも、この報道がそもそも嘘なのか?と思わされます。

しかしもう一方の見方すると、小倉優子さんのタレント生命的にイメージを守ろうとすれば、島さんは悪者に回るべきだったかもしれません。

小倉優子は二度目の離婚となるのか?

地割れ

島さんが小倉さんの立場を守らずに、イメージダウンしてでも自身の主張を通しに出たということは…

本気で離婚を考えているのか?ともとれます。

教育熱心

小倉さんは教育熱心であることも知られています。

実際に、ご自身のお子さんの受験に合わせるように再婚をし、名門校に入学させています。

また今後、第二子の小学校受験も控えています。

小学校受験は片親はかなりハンデがあると言いますよね。

また、なにより自身のイメージを落とさないことを考えても、離婚は最悪の結末のはず。

しかし、ここで島さんが反論を出して来たことを考えると、理由はともかく、島さんの離婚への気持ちは固いように見えます。

全てを得るのは難しいという意見も

事実はそのうちある程度あきらかになるだろうけど、離婚してから慎重に愛を育む間もなく結婚してこんなことになったのは、金持ち、お受験、ワンオペ回避の策略婚だったんだろうと思ってしまう。
旦那さんの望まない形=追い出されたと言うのなら、ゆうこりん側はさほど愛情はなかったんでしょう。
仮面の下にものすごいしたたかさを感じます。

引用:ヤフーニュース コメント欄より

小倉優子さんのしたたかさは、やはり感じる方は感じているようですね。

容姿と喋り方で、可愛らしいイメージだったけど、実際は真逆なのだと思う(苦笑)
何でも自分の思い通りにしたいなら、もう結婚なんてしない方が良いよ。夫婦って、お互いを思いやり、譲り合う気持ちがないと、うまく行かないと思う。
前回の離婚は同情が多かったけど、短期間でバツ2…ってなると、やっぱり小倉優子さんにも問題があったと思われても仕方ない。

引用:ヤフーニュース コメント欄より

そもそも夫婦のトラブルなので、どちらにも落ち度はあるのですが、それは置いておいて…

小倉さんの「相手からの一方的な行動に、こちらは誠心誠意尽くすつもりです」というようなスタンスのコメントそのものが疑問を抱かれてしまっています。

島さんの方も、何が原因であったのかは明らかにされてはいませんが、小倉さんのやり方は木下優樹菜さんと同じ結果になりそうな気がするのは、私だけではないはず。