有名人・芸能人

宮迫博之が買ったセレブ米とは?どこの銘柄?本当にセレブ米なのか?

宮迫博之 アイキャッチ

2020年3月31日、本日お誕生日の雨上がり決死隊、宮迫博之さんに愉快な報道がありました。

週刊FLASHの報道です。

 3月26日、農林水産省は、新型コロナによる “パニック買い” が発生するのを防ぐため、「食料品は必要なぶんだけ」購入するように呼びかけた。

同日昼すぎ、周囲の目を気にするように、うつむきがちに自転車を押していたのは、黒マスク姿の宮迫博之(50)だ。自転車のハンドルには、重そうなビニール袋が何個も……。

「お米屋さんで、高級寿司店でも利用される1kg700円ほどの高級米を、8kg以上も買っていました」(居合わせた客)

“闇米” ならぬ、「セレブ米」の買い溜めは、さすがに笑えないよ……。

引用:週刊FLASH

1kg700円のセレブ米とはどんなものなのでしょう?

1kg700円のお米はセレブ価格なのでしょうか?

「8kgのお米を買った」と言うことで、「買い占めだ」と記事に書かれてしまっていますが、世間の声は批判的。

お米は大概5kg、10kgでスーパーに並ぶことが多いですよね。

2001年生まれの息子さん(大学生)と奥様と生活をするにあたって、8kgを買うのは買い占めにはならないとFLASH側が叩かれる始末に。

では、1kg700円はセレブ米と呼ぶにふさわしいのでしょうか?

宮迫博之さんも使ってる?セレブ米とは?

ご飯

一般的に一級品として知られるのはコシヒカリ。

中でも魚沼産のコシヒカリは特に人気も高く、美味しいことで知られています。

楽天で「魚沼産コシヒカリ1kg」で検索すると、800円代もザラにあります。

宮迫さんが作るお弁当が素晴らしい

宮迫さんは、お料理もお得意で、お子さんに毎日お弁当を作っていたほど。

 

素材にこだわりがあっても全くおかしくないですよね。

特にお米に関しては「ここ!」というのがあって当然かもしれません。

宮迫さんにも教えたい特Aランクのお米5選

gooランキングが出している『【本当に美味しい特A米!】お米のおすすめ人気ランキング20選

の中から、上位5銘柄をご紹介します。

5位 会津産コシヒカリ

 

4位 朱鷺と暮らす郷コシヒカリ

 

3位 つや姫

 

2位 ゆめぴりか

 

1位 魚沼産コシヒカリ

 

宮迫博之さん愛用のセレブ米の銘柄は?

この画像に載っているお米の銘柄を調べてみました。

赤いパッケージで、1kgパック。

袋から見える文字が「魚」に見える…。

結論から言うと、どこの何の銘柄か?は調査しきれませんでした。

あんぱんじー
あんぱんじー
すみません。引き続き調査します。

でも、「魚」の字から、魚沼産ではないかとも思えます。

魚沼産であれば、1kg700円で相場な感じですよね。

宮迫博之さんが購入したセレブ米は本当にセレブ米なのか?

お米

1kg700円がセレブ米と呼ばれるにふさわしい価格なのでしょうか?

先ほどご紹介した、特Aランクのお米5選の中で言うと、「朱鷺と暮らす郷コシヒカリ」は1kg1,000円なので、宮迫さんが購入したものよりよっぽど高級品です。

魚沼産コシヒカリに断定して調べてみても、1kg600円~900円くらいまでが多いようです。

高級品であることには間違いないですが、「セレブ米」と揶揄されるほどのものではなさそうですね。

宮迫博之さんのセレブ米購入には世間の目も温かい

温かいライト

今回の宮迫さんの買い占め(?)報道に対しては、世間は非常に冷静に見ていて、むしろFLASH側が非難される結果になっています。

また、有名人の方も宮迫さんを擁護する発言をしています。

FLASHの記者にとって一番イタイ、幻冬舎の敏腕編集者、箕輪厚介さんからもビシッと痛い洗礼を浴びることに。

2020年4月14日号に載ってる記事とのこと。

載せる前に誰も口を挟むものはいなかったのでしょうか?

“闇米” ならぬ、「セレブ米」の買い溜めは、さすがに笑えないよ……。

引用:週刊FLASH

という最後の一文のセンスの無さに、ツイッターでも叩かれまくりのこの記者。

素人にもわかる常識の無さ。

私も同じライターの端くれとして冷静に言わせてもらうならば、

あんぱんじー
あんぱんじー
全然センス無さ過ぎて可哀想になるくらい意味が分からない。

もうちょっと考えて書いて欲しいもんですね。